健康管理と学生相談

学生の心と身体の健康を
サポートします

充実した学生生活を送るためには、心身ともに健康であることが必要です。
本学では、毎日の大学生活をより健康に過ごすことができるよう、学生の健康管理に関して様々な取り組みを行っています。

写真
定期健康診断

本学では、毎年、学年の始めに定期健康診断を実施しています。
学校保健法に基づき、勉学上の支障となる疾患を発見し、早期治療させることを目的として実施するため、在学生全員の受診を義務づけております。

  • 就職や実習等で健康診断書が必要な場合には、本学の当該年度の定期健康診断を受診した学生について、健康診断書(写し)を交付します(有料)。
  • 定期の健康診断の期日はその都度お知らせいたします。やむを得ない事情により受診できなかった場合は、各自、医療機関で健康診断を受診し、その報告書を提出してください。(費用は自己負担となります)
医務室

大学生活で生じたケガや病気などに対して応急措置ができるよう、本学では医務室を設置しております。
在学生の方は、利用する際に必ず事務室に申し出てください。但し、日常と異なる身体的異常を感じた場合、または医務室での対応が難しいと判断した場合は、近隣病院での受診が原則となります。

学生相談室

本学では、学生相談室を設置し、勉強や学生生活を送る中で出会う様々な相談や精神的な不安や悩みごとについてカウンセラーが丁寧に応じ、円滑な解決が図れるようサポートしていきます。
在学生は一人で思い煩わずに、気軽に訪ねてください。

傷害保険制度

授業中や通学途上、学校行事や課外活動中に発生した災害、事故によって受けた傷害に対する救済措置として、総合補償制度「Will」があり、本学では、教育研究の円滑な実施のため、入学時から全学生が加入することとしています。(保険料は毎年春に徴収する諸経費から支出)
万一、次のような状態で事故にあった場合は、速やかに総務課に申し出てください。

  1. 授業中
  2. 学校行事
  3. ①②以外で学校施設内にいる間
  4. 大学施設外で大学に届け出た課外活動を行っている間
  5. 通学中

なお、保険制度の概要や保険金請求手続きについては、入学時に配布された「Willのしおり」を参照してください。
また、この他には、両親の健康保険の家族として、その他には日常の学生生活における傷害、事故等による入院や損害、火災、盗難等による損害を補償する保険制度があるので、希望者は加入してください。

一人暮らしアパート情報

春日部市官学連携団地活性化推進事業

UR武里団地(埼玉県春日部市)に入居し、定期的に団地内でのボランティア活動と報告を行うことにより、家賃の一部、通学定期の半額が助成金として交付される制度です。
この制度を利用した場合、大学近隣の家賃相場よりも安価に下宿することができ、経済的負担を軽減し学業に専念することができます。

近隣団地(UR都市機構)のご紹介業

幸⼿北・南キャンパスの近くには、幸⼿団地があり、北キャンパスまで⾃転⾞で15分、南キャンパスまで⾃転⾞で5分と各キャンパスまでのアクセスがも好で通学にも⾮常に便利です。
また、団地内には、スーパーや医療施設、銀⾏などもあり、初めての⼀⼈暮らしにはとても良い環境です。さらに、35歳以下の⽅を対象とした割引制度「U35割」を活用すれば、通常よりも格安な家賃で賃借が可能となります。