アドミッションポリシー

日本保健医療大学の理念と目標について

日本保健医療大学は、人間性(儒教の三綱五常の精神を基本とする)の高揚(人間性の復活から、人間性の高揚へ)と、共済主義、又は共済主義精神(共存共栄の精神)を理想に掲げ、高度の専門性を持って幅広く活動できる保健医療の専門職を育成し、人類の平和と高度な人類文化の実現に貢献することを目標とする。

日本保健医療大学が求める学生像

  • 保健医療学部看護学科

    1. 日本保健医療大学の基本理念を充分に理解し、専門職業人として、「慈愛、正義、礼節、知識、誠実を身につけ、社会人としての責任態勢の確立に努力し」、また、「中庸を道とし、民族、宗教、思想に捉われることなく、自由と平等の立場並びに一地球人として、我が物を独りせず、他の物を欲せず、自他共存共栄の社会」の実現に貢献したいと考える人
    2. これからの時代の健康、医療、福祉分野における科学技術の高度化、専門化、及び国際化に対応するための努力を継続できる人
    3. 幅広い教養と広い視野を備えた豊かな人間性を養うため、気品の泉源、智徳の模範たるべく、積極的に自らを磨いていける人
    4. あらゆる人に対して自らの心を開き、協調性をもってコミュニケーションをとれる人
    5. 医療人としての使命のため、利他の精神をもって病める人々に貢献し、権利の主張より義務の全うに努力できる人
    6. 学業・社会貢献・技術・芸術・スポーツのいずれかの分野で優れた活動実績を有し、さらに日本保健医療大学での学びを活かして将来それぞれの分野で活躍したいという意欲を持つ人
    7. 今日迄周囲の人々に教え育てられた事に報いるため、卒業後は身に付けた学問を社会還元し、将来、母国および国際社会における健康、医療、福祉分野に貢献したいという強い意志を持つ人
    8. 当大学は学問と健康な体作りを第一とするため、原則としてアルバイトを禁止している。但し、2 年次以降は学業成績良好であり目的がある場合は大学に申請の上、家庭教師等の職種によって短時間認めることがある。学費等を必要とする場合は奨学金を活用することを推奨する。(毎日、勉強が必要なため、海外の最高レベルの諸大学は皆同様な方針を採用している)
  • 保健医療学部理学療法学科

    1. 本学の基本理念を充分に理解し、専門職業人として、「慈愛、正義、礼節、知識、誠実を身につけ、社会人としての責任態勢の確立に努力し」、また、「中庸を道とし、民族、宗教、思想に捉われることなく、自由と平等の立場並びに一地球人として、我が物を独りせず、他の物を欲せず、自他共存共栄の社会」の実現に貢献したいと考える人
    2. これからの時代の健康、医療、福祉分野における科学技術の高度化、専門化、及び国際化に対応するための努力を継続できる人
    3. 幅広い教養と広い視野を備えた豊かな人間性を養うため、気品の泉源、智徳の模範たるべく、積極的に自らを磨いていける人
    4. あらゆる人に対して自らの心を開き、協調性をもってコミュニケーションをとれる人
    5. 医療人としての使命のため、利他の精神をもって病める人々に貢献し、権利の主張より義務の全うに努力できる人
    6. 学業・社会貢献・技術・芸術・スポーツのいずれかの分野で優れた活動実績を有し、さらに本学での学びを活かして将来それぞれの分野で活躍したいという意欲を持つ人
    7. 今日迄周囲の人々に教え育てられた事に報いるため、卒業後は身に付けた学問を社会還元し、将来、母国および国際社会における健康、医療、福祉分野に貢献したいという強い意志を持つ人
  • 当大学は学問と健康な体作りを第一とするため、原則としてアルバイトを禁止している。但し、2 年次以降は学業成績良好であり目的がある場合は大学に申請の上、家庭教師等の職種によって短時間認めることがある。学費等を必要とする場合は奨学金を活用することを推奨する。(毎日、勉強が必要なため、海外の最高レベルの諸大学は皆同様な方針を採用している)

カリキュラムポリシー(教育課程編成実施方針)

保健医療学部 看護学科

本看護学科の教育課程の編成にあたり、本学部の教育方針である幅広い視野と人格の陶冶、高度の専門的知識・技術を修得し、看護実践能力のある人材の育成を目標にカリキュラムを作成している。

看護学科のカリキュラムの特徴は、学修を段階的に積み上げ、螺旋的に繰り返し、内容を充実していく学習となっている。看護学の専門分野である「看護学専門科目」と看護学を支える科目として、「専門基礎系科目」を設定し、さらに、看護専門職に不可欠な人間理解につながる能力と広い視野を持つ判断力、人間性を培う科目として「基礎系科目」を設定している。

また、カリキュラムの中心に人間を置き、人々の健康生活の支援に関する知識・技術(「個人→集団」、「健康→健康障害・終末期」)に向かうように段階的に組み、学習者自身の人間的成長にもあわせた編成となっている。

保健医療学部 理学療法学科

本理学療法学科は、「人間性の高揚と、共存共栄の精神(共済主義精神)」を理想に掲げ、高度の専門性を持って幅広く活動できる保健医療福祉の専門職を育成し、国民ひいては人類の福祉と活力ある、より高度な社会の実現に貢献する」という建学の精神に基づいた以下の4項目の教育目標に基づき、教育課程の編成方針を定める。

  1. 深い教養と豊かな人間性を備えた人材の育成【人間性】
  2. 高い専門性と総合的な視野を持ち、独創性・指導性の発揮できる人材の育成【専門性】
  3. グローバルスタンダードに対応できる国際性を備えた人材の育成【国際性】
  4. 地域社会のみならず国際社会に貢献できる人材の育成【社会性】

教育課程の編成方針

  • 教育課程は、基礎科目、専門基礎科目、専門科目から構成される。
  • 基礎科目は学士力の基礎としての深い教養、問題解決能力、コミュニケーション能力を身につけるための広範な科目を開設する。
  • ディプロマポリシーを達成するよう、4年間を通して教育課程を体系的に配置する。
  • 臨床実習は全ての要素を総合的かつ統合的に涵養する機会として配置

ディプロマポリシー(大学学位授与方針)

保健医療学部 看護学科

学部所定の期間在学し、大学の教育理念を身につけ、大学並びに学部の教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、基準となる単位数を修得し、卒業試験に合格することが学位授与の要件である。修得すべき授業科目には、講義科目のほか、学部の方針に応じて、演習や実習等の科目が含まれる。

保健医療学部 理学療法学科

以下の要件を満たした者に学位を授与する。

  1. (1)認知領域(知識・思考・判断)

    1. 保健医療専門職として相応しい知識と深い教養を身につけている。
    2. 外国語や他国の保健医療事情などの学習を通じ、他文化の理解と国際的な視野に立ち、保健医療について考察できる。
    3. 多様な情報を適切に分析し、合理的な思考ができる。
    4. 必要な問題解決方法を理解している。
  2. (2)精神運動領域(技術・行動・表現)

    1. 保健医療領域の諸課題を見出し、科学的考察による的確な判断と専門職として相応しい対応ができる。
    2. 確実な基本的技術を提供する能力と、漸次高度化する専門分野の先進技術を学ぶ姿勢を持っている。
    3. 患者様、その家族、そして専門家集団の中で適切なコミュニケーション、さらには外国語による基本的な会話などを通して国際的なコミュニケーションが行える能力を身につけている。
  3. (3)情意領域(関心・意欲・態度)

    1. 生涯にわたり専門分野を探求し、発展に寄与する意欲を持っている。
    2. 理学療法士の使命・責任と守るべき義務を理解し、誇りを持った行動ができる。
    3. 人と社会に深い関心を持ち、人権を尊重し、高い倫理観を維持できる。