理学療法学の4年間の学習の流れ

科目/メッセージ
1年次 語学系科目、運動学、教養系科目、リハビリテーション概論、解剖学、基礎理学療法学Ⅰ、基礎ゼミ、健康とスポーツ、生理学 ほか
高い見識、倫理観、適切なコミュニケーション能力を養い、社会人として求められる態度と、高い教養に裏打ちされた人間性を身につけるために、一般教養科目を中心とした科目配置になっています。また、初年次より基礎医学などの専門基礎科目や理学療法専門科目の一部を配置し、興味を持って学習できるように配慮しています。
2年次 運動器系理学療法評価・治療学、神経系理学療法評価・治療学、リハビリテーション医学、内科学、生体計測学、整形外科学、物理療法学、神経内科学、検査・測定実習 ほか
理学療法を学ぶ上での基盤となる専門基礎分野の科目を中心に、理学療法士としての基礎的な実践力を習得するための土台を固めることになります。後期には、初めての臨床実習科目である2週間の「検査・測定実習」に参加し、これまで身につけた様々な知識や技術を実習施設で対象者に対して自ら実践する機会があります。
3年次 内部系理学療法評価・治療学、スポーツ傷害理学療法学、生活支援理学療法学、小児理学療法学、運動生理学、ウィメンズ・ヘルス、装具学、日常生活活動学、スポーツ医学、理学療法技術論、評価実習 ほか
理学療法士に求められる高度な専門的知識と実践能力を習得するための、理学療法専門科目を中心に学習します。能動的学習(学生参加型の演習やグループワークなど)の機会が多くなります。後期開始直後には4週間の「評価実習」に臨み、医学的リハビリテーションにおけるチームの一員としての活動を実践します。
4年次 総合臨床実習Ⅰ、総合臨床実習Ⅱ、理学療法研究、理学療法管理学 ほか
前期には、これまでの集大成としての6 週間×2回の「総合臨床実習」があります。卒業後の理学療法士としての自分自身の姿を具体的にイメージし、自身にとっての課題を明らかにする機会になります。後期には、全員が「理学療法研究」で卒業研究に取り組み、研究活動を経験します。そして、自身の最後の仕上げとして、国家試験の合格を目指します。

 
 

理学療法学科カリキュラム情報

理学療法学科カリキュラムマップ
授業科目年次配当表