新型コロナウイルス感染症対策に伴う対応に関するQ&Aについて

2020年06月30日

学費について


Q.今年度の学納金等について、減額などの対応はされるのでしょうか?

A.今年度の授業料等の減額は実施いたしません。本学の授業料等の考え方をご確認ください。こちら

 

Q.学費の納入について一括の支払いが難しい場合はどうしたらよいでしょうか?

A.原則として、全期分を4/15までに一括で納付していただきますが、届出により前期・後期で分納することが可能です。

また、期限までに納付が難しい場合は、申請をして承認を受けることで延納も可能です。(前期授業料等は7/31、後期授業料等は1/31までに納付期限を延長できます。それぞれの期限内で最大3回まで分割して納付することができます。)

その他、国の教育ローンや本学が提携している学資ローンを紹介することも可能です。

 

奨学金について


Q.日本学生支援機構奨学金の手続きについては、どこに問い合わせたらよいでしょうか?
A.日本学生支援機構(JASSO)の奨学金については(看護学科:0480-40-4848)(理学療法学科:0480-48-5806)【平日9:30~17:00へお問い合わせください。
なお、予約採用(採用候補者決定通知をお持ちの方)、在学採用(定期採用)の申込は終了しています。

 

Q.病院から奨学金を受けることはできますか?

A.奨学生募集を行っている病院を大学が紹介することができます。

提携している病院の貸与額等の代表例は次の通りです。

①月額5万円(年間60万円)を3年または4年間貸与

②入学金分30万円を貸与

③奨学生の希望者に月額1万円〜5万円を限度とし、生活協力金(又は生活ローン)を毎月貸与します。

※①・②は卒業後、貸与年数以上、指定の病院等に就業することで返済が免除されます。③は返還する必要があります。

病院奨学金を希望する学生は、こちら「shougakukin@jhsu.ac.jp」までご連絡ください。

 

学生生活について


Q.勉強や学生生活のことを直接先生に相談することはできますか?

A.担任制度、アドバイザリー制度があり、学年担任やアドバイザリーの先生へ相談することができます。

担任制度では、学年担任を複数配置しているので、窓口を自ら選べるようにしています。複数の窓口があることで相談しやすく、広く、きめ細やかな対応ができるようになっています。

 

Q.証明書の発行手続きはどのように行えばよいでしょうか?

A.新型コロナウイルス感染症対策のため、郵送でも申請を受付しております。

郵送での申請を希望される方は、こちらの(卒業生用)にならい、手続きを行ってください。

 

Q.大学のイベントに学生スタッフとして参加することはできますか?

A.毎年オープンキャンパスを実施しています。その運営サポートをしてくれる学生スタッフを募集しています。参加してくれた学生にはクオカード、または図書カード、コピーカードのいずれか1つを謝礼としてお渡ししています。文房具や書籍等の修学費にお役立てください。
(なお、新型コロナウイルス感染症の影響により、学生スタッフの募集を行わない開催回もあります。)

 

Q.下宿している物件の家賃を安く抑えたいのですが、大学で安い物件を紹介してもらうことはできますか?

A.大学では近隣の不動産業者を紹介することができます。周辺には、幸手団地(UR都市機構)があり、各キャンパスへ自転車でアクセス可能です。また、春日部市と連携して通常よりも安く入居できる制度もあります。

詳しくはこちらをご確認ください。

 

Q.学生の相談窓口はありますか?

A.各キャンパスに、医務室・学生相談室があります。開室日については、両学科とも事前に北キャンパス教務課にご確認ください。