心肺蘇生(BLS)についての講習を行いました。

9月19日(水)幸手市立上高野小学校において、本学、総合医療サークルのWhiteDolphin が5、6年生へ心肺蘇生(BLS)についての講習を行いました。
ロールプレイによる演習では、倒れている人を発見した際に大人や救急車を呼ぶ重要性を中心に伝え、実際に人形への胸骨圧迫やAEDを体験してもらいました。
参加した小学生からは、「心肺蘇生へ興味を持ったので、倒れている人がいたら自分たちが助ける!」といった声があり、講習によってBLSの重要性を理解してもらうことができました。
また、講師として参加した学生たちも、対象の年齢にあった教え方を考えるのは苦労していましたが、とても良い経験を積むことができました。