学納金・奨学金

 

学生納付金について

 

看護学科

2019年度 入学生納付金(単位:円)

入学金 授業料 教育充実費
(含 実験・実習費)
施設設備費 合計
初年度 300,000 1,000,000 320,000 350,000 1,970,000
2-4年次 1,000,000 320,000 350,000 1,670,000
  • 学生納付金は原則として一括納入としますが、授業料は2回に分けて支払うこともできます。この場合の1回目(入学手続時)の納入額は、以下の通りとなります。
  • 授業が始まると教科書および臨床実習に係る交通費・宿泊費・ユニフォーム代、その他の教材費等は学生の自己負担となります。

 

【一括納入の場合】(単位:円)

入学金 授業料 教育充実費
(含 実験・実習費)
施設設備費 合計
入学手続時 300,000 1,000,000 320,000 350,000 1,970,000

 

【分割納入の場合】(単位:円)

入学金 授業料 教育充実費
(含 実験・実習費)
施設設備費 合計
入学手続時 300,000 500,000 320,000 350,000 1,470,000
後 期 500,000 500,000

 
 

理学療法学科

2019年度 入学生納付金(単位:円)

入学金 授業料 教育充実費
(含 実験・実習費)
施設設備費 合計
初年度 300,000 950,000 300,000 350,000 1,900,000
2-4年次 950,000 300,000 350,000 1,600,000
  • 学生納付金は原則として一括納入としますが、授業料は2回に分けて支払うこともできます。この場合の1回目(入学手続時)の納入額は、以下の通りとなります。
  • 授業が始まると教科書および臨床実習に係る交通費・宿泊費・ユニフォーム代、その他の教材費等は学生の自己負担となります。

 

【一括納入の場合】(単位:円)

入学金 授業料 教育充実費
(含 実験・実習費)
施設設備費 合計
入学手続時 300,000 950,000 300,000 350,000 1,900,000

 

【分割納入の場合】(単位:円)

入学金 授業料 教育充実費
(含 実験・実習費)
施設設備費 合計
入学手続時 300,000 475,000 300,000 350,000 1,425,000
後 期 475,000 475,000

 
 
 

奨学金について

 
本学では、学費を必要とする人は奨学金を受けて原則としてアルバイトをせず、勉強やクラブ活動に励むことを推奨しています。
 

奨学生入学試験

奨学金を希望する受験生は、本学の入学試験を合格し、入学手続きを完了した後早急に病院グループ等の奨学生採用試験を受けていただくことになります。看護師・理学療法士としての可能性において秀れている学生を奨学生として採用し、病院グループ等からの奨学金を4年間貸与します。奨学生希望者は本学への入学が第一志望であること、合格した場合は入学を確約できる者とします。
※注1 大学入学手続きを完了した後、奨学生採用試験に不合格となった場合は、大学への入学辞退を直ちに申し出た者に対しては、送金手数料を差し引き入学金等の全額を返金するものとします。

特別待遇奨学生(特待生)貸与額

奨学生の中には、在学期間中(4 年間)の授業料および諸経費等の総額を貸与する特待生枠があります。
各学科(看護学科・理学療法学科)より若干名の採用となります。

奨学生 貸与額(代表的な例)

  • ①月額5万円(年間60万円)を3年または4年間貸与
  • ②入学金分30万円を貸与
  • ③奨学生の希望者に月額1万円〜5万円を限度とし、生活協力金(又は生活ローン)を毎月貸与します。

(最大年間60万円を4年間。卒業後、4年間分割にて返済して頂きます。看護師・理学療法士の給与からの返済は充分可能です。なお入学金はすぐに必要となり、学費は半期ごとにまとめて納入となりますが、奨学金は少し遅れて 4月以降の貸与となりますので、あらかじめ下記の教育ローン等を利用して納入金をご用意ください。)

  • ※注1) 奨学金は各病院で実施される奨学生採用試験に合格した者に貸与される。また、卒業後4 年間、病院グループ等の所定の医療機関に看護師・理学療法士として従事すると返済を全額免除されます。
  • ※注2) 勤務を希望する病院等により、若干奨学金等の貸与条件等が異なる場合があります。
  • ※注3) 大学を途中で退学した場合、及び途中で病院を退職する場合は、残金全額を直ちに返済する必要があります。

 

奨学生募集人員

看護学科は高校推薦入試、選抜入試、一般入試併せて約50〜60名。理学療法学科は若干名とします。なお、年度の奨学生希望状況及び入学者の資質によって変動します。奨学生希望者は、願書提出時にその旨を明記してください。合格後に契約書を交わすことになります。
 

貸与条件

卒業後、看護師・理学療法士として奨学金を貸与された病院グループの所定医療機関に従事しようとする強い意志を持つ者。協調性があり、健康な者。

■ 問い合わせ先
※特待生、及び奨学生に関する問い合わせは、こちらまでご連絡ください。
日本保健医療大学(幸手北キャンパス)
TEL 0480-40-4849(入試窓口) 
FAX 0480-40-4860
e-mail:admission@jhsu.ac.jp
日本保健医療大学HP

 

そのほかの種類

教育ローン
日本政策金融公庫(国の教育ロ−ン) 利用者は、入学・在学者の保護者で、世帯の年間収入(所得)が一定金額以内であること。融資限度額350万円、金利1.81%(2019年4月13日現在)、返済期間15年以内(在学期間中は利息のみの支払が可能)、保証(公財)教育資金融資保証基金の保証利用可能(保証料別途必要)、申込から入金まで20日程度。公庫ホームページからも申込可能。
TEL 0570-008656(教育ローンコールセンター)
埼玉県看護師等育英奨学金制度(看護学科のみ)
  • 埼玉県内の看護師等養成施設に在学する者に(大学も該当)、県が育英奨学金(年額54万円)を1年ごとに無利息で貸与。貸与決定後、一括して貸与者名義の口座に振り込む予定(9月末頃)。
  • 貸与資格
    • ①身体が強健であり、品行方正であって、学業成績も優秀である者。
    • ②経済的な理由により修学が困難な者。
    • ③卒業後、県内において看護師等として就業することが確実であることが認められる者。

    但し、上記規定に該当せずとも上記成績等に準ずる者は、特段の事情により、育英奨学金の貸与者としてふさわしいと看護師等養成施設が判断した場合に申請を受け付けられ若干の融通が利く。卒業後、貸与額分を返還。返還年額は原則として貸与年額の半額以上、受けた年数のほぼ2倍の年数をかけて返済すること。

日本学生支援機構(旧日本育英会)奨学金制度
  • 家族が高額所得者でない(年収に上限あり)下記の学生に貸与。毎年春に1年分を申請する必要があり、卒業後には月賦等で必ず返還し、人数制限がある。
  • 第一種奨学金(無利息):前年度の成績が3.5以上の学生、または、経済的理由により極めて修学に困難がある学生に貸与。
  • 第二種奨学金(年3%を上限とする変動金利):前年度の学業成績が平均水準以上、または特定分野で優れている学生に対して貸与。
オリコ学費サポートプラン
オリコ学費サポートプラン
本学では、株式会社オリエントコーポレーションと提携して、簡単な手続きで利用可能な『学費サポートプラン』を導入。授業料などの学納金を提携先(㈱オリコ)が学費納入者に代わって、本学に一括納入し、学費負担者は提携先(㈱オリコ)に毎月分割にて返済する制度。

お問い合わせ先 株式会社オリエントコーポレーション
学費サポート 0120-517-325
お問い合わせ時間 平日 9:30~17:30
URL 公式サイト