理学療法学教員からのメッセージ

理学療法学教員からのメッセージ
理学療法学教員からのメッセージ

私たち理学療法学科は、あなたの夢の実現に向かう第一歩をサポートします。理学療法士を目指す皆さんに選んでもらえるような、楽しくも実りある、自らの成長が実感できる、そんな学科を目指しています。
入学生に最も期待することは、「ardor」すなわち「情熱」です。理学療法士は人の健康に関わる医療専門職であり、特に障がいをもった方や高齢者を対象に直接治療介入する高度な専門職であることから、質・量ともに相当学習しなければなりません。これを苦痛と感じるか、楽しみながら取り組めるかは本人の動機づけと情熱にかかっているような気がするからです。
一般的に、理学療法士に求められる資質として、「明朗活発で積極性があること」が求められますが、人を相手にする職業であることから高いコミュニケーション能力も必要です。また、「高い倫理性」、そして何よりも「人が好きである」ことが必要条件であると考えます。
大学では自ら学ぶことが要求されます。自分の職業として自らの意志で選択し、入学選抜を経て入学されるのですから、初心を忘れずに興味を持って積極的に取り組んで欲しいと思います。
私たち日本保健医療大学の理学療法学科では、理学療法士の後輩、仲間を育てるという気持ちで、学生一人ひとりの夢の実現に向けてサポートしていきます。