理学療法学科│資格と進路

 

卒業時の取得資格と進路

 理学療法学科を卒業した者には学士(理学療法学)の学位が授与され、理学療法士の国家試験受験資格が得られます。理学療法士の国家試験に合格した者は医療、介護、福祉、行政、教育・研究、医療機器メーカー、スポーツ事業など、さまざまなフィールドで活躍することができます。

 

 

活躍できる場所

医療機関  病気や怪我で医療機関を受診した方に対し、起き上がる、座る、立つ、歩くなど、日常生活に必要な動作ができるよう訓練や助言を行います。急性期、回復期、生活期それぞれの時期に合わせた理学療法を行います。特にリハビリテーションは退院後の患者さんの生活を左右する重要な治療です。[勤務先]病院/診療所
入所・通所施設 介護老人保健施設では医療機関から在宅への橋渡し役として、在宅復帰に向けより実践的な練習・指導を行います。通所・訪問リハビリでは、在宅生活維持、介護予防を目的とした運動・指導に加えて、在宅生活指導、福祉用具導入、住宅改修等について家族、関係スタッフへも助言・指導します。[勤務先]介護老人保健施設/通所リハビリ事業所/訪問リハビリ事業所
福祉施設 病気・事故の影響で障がいを持つ人に対し、運動指導や生活方法を提案して、自立した生活ができるようサポートします。障がいをもつ子供に対しては、潜在能力を最大限に引き出し、心身機能の改善を図ることが重要な仕事です。福祉制度などにも精通し、患者さんの自立を多方面からサポートしていきます。[勤務先]障がい者福祉センター/障がい児(者)通所・入園施設/特別支援学級・学校
行政機関 市区町村などの自治体で、要介護状態の発生や悪化をできる限り防ぎ、進行を遅らせ、軽減するため、市民を対象とした講演、運動指導、生活指導などを行います。介護保険等の相談に対応したり、新しい行政サービスの企画立案に携わったりすることもあります。[勤務先]市・区役所/保健所
教育・研究機関 大学や研究所で理学療法に関するさまざまな研究を行います。特定の疾患に対する理学療法の効果の比較や、理学療法の導入時期による効果の比較、検査・測定の方法・判断基準の
考案、理学療法士育成のための教育方法の研究など、研究内容は多岐にわたります。[勤務先]大学/研究所
企業 運動機能の専門知識をいかして、装具等や機器を利用した理学療法の効果判定などを行ったり、新商品の開発に携わったりします。また、障がい予防の観点から健康関連商品の開発に携わることもあります。[勤務先]医療機器メーカー/健康関連商品メーカー
スポーツ事業 スポーツによる疲労・痛み・怪我の治療、怪我の予防指導などによって、アスリートのベストパフォーマンスをサポートします。また、スポーツクラブやフィットネス施設の指導者として活躍する人もいます。[勤務先]プロスポーツ/フィットネス施設/メーカー
理学療法士免許取得までの過程