看護学科の施設・設備

最新の医療技術を学ぶ完備した大学内施設

看護の専門知識を学び、実践に活かすため最新の医療の場に準じた教育環境を完備しています。(画像をクリックすると、拡大画像がご覧頂けます)

基礎看護演習室

 
看護の基本的機能と看護技術の基礎を学ぶための実技演習室です。本学の基礎看護演習室は、20床のベッドがあり、地域で最も規模の大きい教育環境です。基礎看護学実習は、1年次、2年次の看護学専門科目ですが、のびのびとした環境で専門性を身につけることができます。

基礎看護演習室
基礎看護演習室

 
 

成人老年看護演習室

 
成人期や老年期のケアの対象となる人々を総合的に理解し、様々な疾患に対する看護技術の基本的な知識を身につけるため、学生相互に患者様役、看護師役を体験しながら、車椅子への移動介助、痰の吸引、点滴の管理等、実践的な援助技術を演習します。

成人老年看護演習室
成人老年看護演習室

 
 

母性小児看護演習室

 
赤ちゃんを沐浴もくよく槽に入れる演習では、指導教員が横や後ろでは学生の手許が見えにくいため、沐浴槽を真上から見て適切な指導ができるよう本学独自の最新システムを採り入れています。また、小児の体温、脈拍、呼吸、血圧測定などの演習も行います。
 

母性小児看護演習室
母性小児看護演習室

 
 

在宅地域・精神看護演習室

 
在宅療養者と家族に対する在宅ケアの実際を学び、看護に必要な基礎知識と技術を身につけるため、日常生活の場を再現した演習室です。演習を通じ、生命の尊厳と人を尊重する人間性豊かな看護を知り、地域社会に貢献できる感性の豊かさを養います。

在宅地域・精神看護演習室
在宅地域・精神看護演習室

 
 

情報処理室

 
演習後のレポートを始め看護には情報処理と共有化が不可欠です。情報処理室は、いつでも利用できるようになっています。
 

情報処理室